TOP > 鉄眼禅師

日本の印刷技術のパイオニア・不況の時代を救った偉業の人





鉄眼道光禅師・・・

肥後国益城郡守山村の人。13歳で出家。26歳のとき、

長崎・興福寺にいた隠元に参謁し、禅に入り、その後

福済寺の木庵にも参じました。
寛文10年(1670)、難波・瑞龍寺中興開山に請われ、

延宝4年(1676)に木庵の法を嗣いでいます。
鉄眼禅師の最大の功績は、仏教経典の集大成、一切経

を開版したことです。仏教国日本に一切経版木の無い

ことを残念に思い、寛文4年(1664)頃からこの大願

を抱き、同9年には隠元にその志を告げました。その際、

隠元より明朝版大蔵経を授かりました。また、黄檗山内

に寺地も授かり、ここに藏版・印刷所としての宝蔵院を

建立、京都には印房を設け本格的な事業をはじめました。
黄檗僧をはじめ大名諸士などの支援や、鉄眼禅師自身の

地道な募金活動などにより延宝6年(1678)には完成、

その初版が後水尾法皇に進上されました。
あしかけ17年におよぶ大事業でした。
鉄眼禅師は、その2度の大洪水や天災飢饉に救済施行も

し、活仏と仰がれつつ天和2年(1682)3月22日53歳

で入寂されました。

〒100-0000
〒611-0011
京都府宇治市五ヶ庄 三番割34-4 TEL 0774-31-8026


3

スマートフォンサイトへ